0xf

日記だよ

Alexa、音楽かけてっていうとジョジョかソードアートオンラインしか勧めてこない

ビートセーバーのカスタムソングいろいろ試していたときに、完成度の高いソードアートオンラインの譜面があって練習していた。またその当時ジョジョのアニメやってたというタイミングもあって、耳にする音楽の90%がSAOとジョジョにになっていた。車で移動するときにはだいたい Amazon Music で音楽を飛ばしているので、その履歴から「こいつはSAOとジョジョの奇妙な冒険の主題歌が大好きなんだな」とAmazon さんに認識されてしまったらしい。

こういうやつね。

コンピレーションは15分とかあるのでまあまあな運動量があって良かった。それにしても「リンキンパーク以降」の譜面、斜めに大きく切らせるやつ多くないですか。

リモート会議の生活音

Twitterで「子供の声など生活音が聞こえてくると上司に注意された」とか、それに対して「仕事環境整えるのは会社の仕事なのでは」みたいな話題が盛り上がっているのを見た。見たんです。ちらっとね。幻かもしれないが、そういう話を見た、として日記を進める。

猫が乱入・犬が乱入・子供が乱入はよくある微笑ましいエピソードとしてそうですねって気はするが、いっぽうで「共用PC使わない」とか「ディスクは暗号化する。重要なファイルはローカルには保存しない」とかの背景にある個人情報保護ポリシーや機密保護の観点でいえば、「外の声が聞こえるということは中の声も聞こえている」「子供が乱入できるということは他の家族も乱入できる」などあまり普段は考えないことにしている問題が現出するよなぁなどと思ったりした。よーするにリモートワーク実施時ってオフィスの居室と同程度のセキュリティが担保されている前提になってると思うんだけど、はたして。

実際、カフェで機密ファイル開いているのと何が違うのかって問題は解決済みなんだろうか。それとも、どこかで家族がリモート会議トークを漏れ聞いていた結果としてのインサイダー取引摘発とかインシデントが社会問題化するまではなんか適当に気にしないことにするという社会的合意があるのかな。いずれにしても、そこに反論すると藪蛇というかいろいろ面倒なことになるポイントはありそうだな、という話ではある。

いや実際どうなんすかね。自分も個室で仕事部屋はあるけど別に鍵はかかってない。家族と共用のWiFi APを使っている。(これは別に分けてもいいのだけど)子供はいない。でも配偶者と2人とも在宅勤務なので近くに座って仕事してますワハハ微笑ましいですねいい話やみたいなのはけっこう聞く気がするわけです。

ルールに厳格にいくとたぶん日本の多くの(我が家も含めて)住宅は、家族持ちだとリモートワーク不適格なんじゃないかと思うんですよ。そう考えると緊急事態宣言後はなし崩し的に在宅勤務は特殊なものになっていっても不思議はない。でもたとえば今コロナが収束したから通勤が絶対に必要ですと言われたら辞めるでしょ?(ほんとか) みたいな話題はあって。しかし同時に自宅に作業環境がないチームメンバーもいて、彼なんかは「オフィス廃止したら辞めます」になるだろうし、子供の学区とかの兼ね合いもあって気軽に引っ越せばいいのにとはいかない。給料が倍あればまた別*1かも。とにかくそういうあれこれを考えていた。

*1:住む場所を選ぶ自由などは結局のところ経済的自由であるから

鍋の〆に麺・飯を入れる

世の中では一般的らしいのだが、やってみたらうまいので最近ブームになっている。野菜をどんどん食えるし鍋一つと皿一つあれば完成するので食卓の構成要素がシンプルに保てて良い。鍋の後に入れるというよりもう最初から麺を突っ込んでしまえばいいのではないか天才なんじゃない? と思っていたが「煮込みラーメン」とか「おじや」とか普通に一周回ってきただけであった。

個の力の不足はチームではカバーできない

たいていはできない。 個の力の不足をカバーできるとしたら、

  • 優秀な指揮官がいい感じに差配する
  • 強力なチームワークを発揮する

だと思うんだけど、個の不足をカバーするほどのチームワークというのはよほどであって、現実的に期待できるものではないと思う。優秀な指揮官も、それ個の力の一種なのではって気がするがそれはおいといて、チームワークと一緒でそれでひっくりかえる局面は限定的であり、優秀な指揮官の差配は「勝てるポイントを見つける」ところにあるだろう。勝てるポイントで勝っていればそれなりに勝利の恩恵や経験値を獲得できるし、自信もつくのだけど、なんつーかそれはチームでカバーできているというよりはもうちょっと綱渡り的なアレだと思うんですよね。優秀な指揮官の物語はみんな大好きだけど、勝つべくして勝つのが王道でしょう。そういうわけで、おのおのは自分の持ち場で個の力を発揮できないといけない。おれもおまえもみんなそう。

ダークソウル3を始めた

難易度高いと聞いていたが、なるほど難易度が高い。特に攻略サイトとか見ずにやってるわけなのだが、PC Steam 版で、まずAボタンとかYボタンとか言われるけど接続しているのはPS4のコントローラーなので「おっどれが Y ボタンなのかな」みたいなところから苦しんでいた。最初のボス強すぎなのではと思ってググってみると「最初はレベル上げとかできないから大変だよね。頑張って」「シリーズをプレイしてきた人なら楽勝だよ」みたいに書いてあって、シリーズプレイしてないのでこれは大変だなと気合を入れ直すことになった。連戦繰り返してなんとか倒して最初のマップで今はウロウロしている。騎士的なやつがぜんぜん安定して倒せなくて厳しい。攻撃がな、弾かれるしな、ガードしても怯んでしまうしな・・・。

なんとなくかっこいいからという理由で刺客で開始し、エストックでチクチク刺す戦い方をしているが、雑魚的でも接近すると振り払えなくて大変で、ふと拾ったロングソードとかを振り回すとこれが快適で「しくじったか・・・」という気分になっている。横方向に判定があると便利だ。ブシドーブレードの時代から刺突剣プレイ好きなんだけど、敵がいっぱいいると厳しいのはわかる。

ちょいちょい出てくるシステム面の単語がわからんので困っている。例えば「戦技」ってなんぞって感じのやつとか。 説明書を読むという習慣が昨今すっかりなくなってしまっていたが、オンラインでマニュアルあるのかなー。夜にでも調べてみよう。しかしなぜか攻略wikiみたいなのを見るのは負けた気がして見たくないのであった。モンハンとかは平気で見るのになー。不思議である。

XXが理由で、有益なはずのこれができない

そういうのを募集するといろいろ出てくるのだけど、「XXを取り除くのでやってみますか」というと新しくできない理由が出てくる。まあ、そういうものだよね。むずかしい。顧客は自分のやりたいことをわかってない話題に通じるものがある。なんのことはなく、そんなことを嘯く提供者のつもりの我々だって、自分たちの必要性のかたちを把握できていないのだ。