0xf

日記だよ

意識の(過剰な)高さについて

自分たちよりはるか先にいる人たちの課題意識だけを取り込んでしまうのが「意識高い」というのかもしらん。— まつさか :checked: (@ma2saka) April 17, 2024 それは 自分たちよりもはるかに先に到達した人の 現在形での課題意識を 適用できない我が身に当て…

「昔・いつも・みんな」よりも「今・これから・私たち」を語らなければならない

経験が増えるとどうしてもパターンに当てはめたくなるし、それ個別最適だよとか、他の人はこうしてるよという差分が気になったりする。 これは今この瞬間に見聞きしている目の前の出来事についてのリアルに得られる情報よりも、蓄積され考え続けてきた経験と…

アニメ「ゴブリン・スレイヤーII」について

非常に残念だった。全話視聴するのを諦めてしまった。 この残念さを分解すると、たぶん「登場人物が順番に役割にそった発言をする紙芝居になっている」「ステレオタイプな設定をごく平凡に描いてしまっている(エルフだから耳がいい、ドワーフだから酒が好き…

週末

アニメ「ファブル」見てみたけど、原作のダルそうな語尾の喋り方けっこううまく再現されている気がしてすごいなーと思った。「プロとしてなーー」 アニメ「ゴブリン・スレイヤーII」見てなかったので少し見てみたのだけど、パーティが増えることによるスピー…

映画「Five Star Stories」

みた。言わずと知れた長寿漫画の、1989年のアニメ映画である。 原作を見てないと何もわからないのは、まあそれはそう。原作未読の人には特にお勧めするところはない。原作読者は多分見たことあるだろうから特にお勧めすることはない。あれ、これは誰にお勧め…

日記です。 ちょっと前に、「もう無理」とか「オエっとなる」など身体感覚で批判を言い出すのは決まって女性だ、というやつが流行っていたけど、「外国の人にこう思われるのが恥ずかしい」という批判を書くのはどういうプロファイルになるんだろうか。という…

映画「アフリカ珍道中」

見た。割と面白かったが、時代感は強く感じる。食人族のネタとか、人間大砲とか、「警察に追われる」の軽さとかね。アフリカの秘境感はすごい。 騙したり騙されたりすることに重さが皆無であった。フレイザーとチャック(でいいのか?)は始終お互いを騙して…

映画「少林寺」

見た。割と良かった。けど、やっぱ、アクションシーンが長いんだよなぁ。たぶん、戦闘中に、誰がどう言う戦局の中で、どんな役割を持って戦っているのか、みたいな文脈が不足しているのだと思う。演舞を眺めてる感じになるのよな。 中国のこの手の映画はやは…

映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明」

見たはずなんだがあんまり覚えてないんだよなー。アクションシーンが長かったのと、不平等条約!だけ覚えている。武術の団体がヤクザ的な連中と抗争するのはこの時代を描いた中国映画では鉄板。ここまで鉄板ということはある程度リアリティがあるのだろうな。…

映画「ミラノの奇蹟」

見てない。 断片的に眺めていたがあんまり話がわからなかった。「自転車泥棒」のチェーザレさんの脚本らしいが通じるものがあったかどうかはなんともいえない。 ミラノの郊外を舞台にしている?のか。荒地にバラックを立ててなんとか生き延びようとする貧乏…

目的と手段

重要な達成地点の変更を行う意思決定と、目的のための過程における妥当さを目指した意思決定があって、戦略と戦術だよとか嘯いたりもするけども、前者と後者ではロジックや腰の重さが違うから、これらを同列に扱うと話がややこしくなる。が、前者が変更され…

続き部屋に配置したCINEMA40とNR1711でリモコンの信号が混線する問題

もともとホームシアター環境の中心においていたMarantz NR1711を、先日Marantz CINEMA40にアップグレードしたんだけど、余ったNR1711はそのまま隣の部屋のテレビに繋ぐことにした。 のだけど、隣の部屋でアンプのセットアップをしようとリモコン操作をすると…

吸音パネルの自作を開始した

立て看板にしか見えないものをビルドした。 pic.twitter.com/4CbLKD8bTc— まつさか :checked: (@ma2saka) March 31, 2024 杉の角棒とコンパネ材を用いている。コンパネ材は180x90のサイズのやつをホームセンターで買うときに4等分して、45 x 90にしてもらっ…

映画「終身犯」

みた。面白かった! 終身刑を宣告された囚人でありながら、獄中で鳥類の研究を続け、鳥類学の権威となったロバート・フランクリン・ストラウドの実話の映画化。 wikipediaよりですが、実話ベースの話...ってハードすぎて大迫力である。ストラウドさん、冒頭の…

やる気と責任感は可換かどうか

個人の振る舞いを駆動する力としては似たようなもんと思うけど、周りを巻き込むパワーという意味ではやる気に責任感は勝てないという気はする。

超節水トイレ・アメージュZの受難

いや受難は俺で、 なんかトイレの水の流れが悪い...と思っていた。水を流すと便器が溢れるスレスレくらいまで水が溜まった後、じわじわーーーーーーーっと水位が下がっていく。怖い。トイレットペーパーもなかなかフワフワと漂っていて流れない。 とはいえ、…

人生の物語の強さ

自分自身によって絶え間なく継続的に自分に物語を与えなければいけないのはとても大変なことだと思う。たとえば、「モチベーションがあがらないのでこの仕事ができない」という人は、湧き上がる内部的な自分のモチベーションによってしか手を動かせない。何…

スガシカオ「午後のパレード」

「僕は電話かけてみた。もちろん誰も出ない。何度も鳴らしてみたけど」このフレーズが好きで、繰り返し聞いてしまう。 正義の味方の歌詞もよく似ているな、と思う。久しぶりに聞いてみようと思うが、音源がない。 収録されたアルバムSweetはCDを持っていたん…

処女信仰というよりは...少年性?

ふとこんな発言を見かけて、面白いなと思ったので書き残しておく。 「魔女の宅急便」原作が好きだから、映画は好きになれないんだけどいちばん信用ならないのは「男と恋愛するような“成長”をとげると、一緒に育ってきた内面世界にアクセスできなくなる」とい…

鮫と熊

大沢在昌「新宿鮫XII 黒石」 新宿鮫は相変わらず中国人と戦っていた。 新宿鮫読むといつも思うんだけど、最終的な対決は割とあっさりしているよね。ハリウッド映画におけるカンフー的なアクションシーンがメインではない、というか。リアリティではある。 最…

映画「愛の調べ」

見た。ノーマークだったんだけどめっちゃ良かった。 ピアノ演奏家クララ・シューマンを中心に描かれる、夫ロベルト・シューマンと、リストやブラームスといった同時代の大音楽家たちの物語...いや違うな、やっぱりクララの物語だった。 「野蛮な男だ。音楽の…

寒の戻り

ここ数日で勢いよく雪が降っている。 日中、晴れ間がのぞくと気温は上がり5度とかになって暖かいのだけど、朝は寒くて雪が降る。 立春は迎えて、積もった雪もすぐ溶けるとは言え、勢いよく風が吹いて、雪解けに屋根などが濡れていると家はすぐ冷えていく。壁…

アニメ「サンドランド」1-6話

面白かった。鳥山明の訃報が記憶に新しいこのタイミングでの公開、話題性高すぎる。 おそらく主には3DCGで描かれたコミカルタッチのアニメだけどぜんぜん違和感がない。強いて言えば「複雑に動くシーンでも服の細かい柄とかが省略されていない」とか、「アク…

Eclipse TD307MK3導入・エイジング中

これです。 TD307MK3 - 特徴 | ECLIPSE Home Audio Systems ECLIPSEから14年ぶりのフルモデルチェンジ「TD307MK3」をご紹介!|Joshin Webショップ フロントハイトスピーカーとして導入しました。フロントスピーカーの Sonus Faber Lumina 3の直上に壁付して…

映画「若おかみは小学生!」途中まで

途中まで見たけど途中で止めている。 居間で見てたんだけど、つまんないので別のにしろ、と物言いがついた。 曰く、女将成分が足りなさすぎる、着物の着方とか扱いが気になる、子供の振る舞いが不自然すぎる、などなど。そんな感じで、妻が途中で「見たくな…

週末・秋田市・潟上市・大潟村

土曜日 町の方まで外出していた。町というのは秋田市です。 千秋公園の中の施設でやってた古道具市を覗きにいった。そんなに大規模なものではなかったけど、思ったより人が出ていて妙なアンティークがいろいろあって楽しかった。自分はレコードを何枚か買っ…

映画「ジョン・ウィック」

見た。全編ひたすらジョン・ウィックが殺しまくる話だった。 説明的ではないスタイルなのかなと思っていたけど別にそんなことはなくて、「伝説の殺し屋」とか「昔の馴染み」「中立地帯として暗黙の掟のあるホテル」みたいなちょっと記号的かなと思う要素をど…

物欲メモ

リビングのオーディオ方面 Lumina III の上にLumina I を載せるための台 13,000円くらいでオーダーメイドしてもらえそう。送料高そう。 ☆ご希望サイズでフルオーダー可能☆ アイアン家具 13㎜角パイプ 鉄製 飾り棚 机・デスク 鉄木工 通販|Creema(クリーマ) …

雷の季節

冬、雷が元気になりまくってるのは大雪の予兆らしい。 春は春で春雷という季節の言い回しがある。雪が溶けて、風と雨と雷が降ってくる。風が強いので天気が移るのも早い。ついさっき、昼だというのに本も読めない暗さだったのが、さっと日の光が入るようにな…

映画「死刑台のエレベーター」

見た。 美しい映像と、憮然としたフランス人の演技と、情緒的にすぎるマイルス・デイビスの音楽は大変よかった。 けど、冷静になって考えてみれば物語としてはまとまりがない部類なんじゃないか...? エレベーターに閉じ込められるという出来事の意味合いがホ…