0xf

日記だよ

日記

約束(締切)がないとやる気が出ない人をどうするか問題

bufferings.hatenablog.com 自分で締切を切れない人(たち)と言い換えてもいいけども、まあ、答えは「そういう人を採用するな」ではある。それはそうなんだが、人は変わらぬ本質みたいなものがあるわけではなく、状況によってなんとなく締切駆動になっちま…

経験から法則らしきものを見つけ出すときに一般化は注意深くやらないといけない

うまくいったことから学習する人、失敗から学習する人がいる。または、「うまくいったことから学習したことを語る人」と「失敗から学んだことを語る人」とでも言えばいいのか。実際のところはどうだかわからないけど、経験から得た教訓について話をする時、…

全国旅行支援クーポンってやつ

aki-tabi.com これはワクチン接種証明書というものが必要らしい。そんなものもらったっけ、と今年の書類なんでもボックスを漁ったけど、ワクチン接種の案内の紙にシールとクリニックのハンコが押してあって、これが接種証明書となるらしいものを発掘できた。…

機種変更(iPhone XS から14へ)

Proにしようと思ったのだがMaxしか在庫がないということでノーマルな14にしました。 2018年発売のiPhoneXSに対して14は2022年発売ということで4年分のジャンプだが使い勝手はびっくりするほど変化していない。プロセッサとか基本デザインはiPhone13と同様と…

インフルエンザワクチン接種してきた

コロナは全部左腕にワクチン接種した。なんとなく、ずっとコロナを左腕に打っているせいか、さいきんなんとなく左側が重いような気がするのです。ワクチンが体を作り替えているのでは。このままではまっすぐ立つこともできなくなってしまう。という危機感が…

鍵穴から室内を覗くシーンがいまいち納得できていない

最近の電子レンジはチンと鳴かない説がある。正確には、鳴き方がいろいろある。「電話のベル」もなんなのか令和ではロストテクノロジーだと思う。 よくシャーロック・ホームズとか怪人二十面相とか子供の頃に読んでいて、「鍵穴から室内を覗く」が理解できな…

肩書きに特殊局って書ける可能性がNTT東日本にはある

www.tech-street.jp NTT東日本で“特殊局”という部署を立ち上げ、新しいテレワークの仕組み“シン・テレワークシステム”を作るなど、大変ユニークな活動をされています。 これは、と思って読んでみると、 ――約20年間フレッツに携わってこられた山口さんが、「…

ハンターxハンターの新刊は確かに文字が多かった。けど面白かった。

37巻ね。読みました。よかった。 穿った見方をすると、これはKindle PaperWhite のサイズだと正直厳しいので大判の紙コミックスあるいは大型のディスプレイを有する新型のKindleの販促なのではないか。(穿ち過ぎ) けっこう王位継承の話を長くやってる気が…

週末日記

江戸流行婦凛(とうきょうはやりぷりん)ってやつをお土産でもらった。おいしい。 くれた子が「こんな小さかったっけ・・・?」と不満そうで、不景気で値段据え置きで小さくなってしまったのではないか、と適当なことを言っておいた。 しかし江戸と書いて東京…

苦手なことを仕事にしている

得意なことはあまり困らないので、苦手なことに時間を使う 時間を使うことで、単純な能力以外に経験値や失敗の回数が蓄積されていく 実際の仕事で重宝するのって失敗の回数やバリエーションだったりする。つまり1人で仕事をするのではなく多くの場合はチーム…

方言萌えがあります

最近更新されないのが寂しい。レイちゃんだいぶイチオシなんだが。会話のテンポがいちいち「ああ、こういう喋り方する子いる! 可愛い!」って記憶が刺激される。山形弁べつに親しい距離感ではないはずなんだが・・・。 www.youtube.com 自分は秋田育ちですが…

アドベントカレンダーはクリスマスのイベント感が薄いのであんまり乗れないところがある

「クリスマスまで毎日カレンダーに穴をあけて嬉しいお菓子などを取り出す」などの原体験がないのであんまり盛り上がらないんだよな。正月までだったら「もういくつ寝るとお正月?」という感覚の延長線上でわかる。枕の下に面白いことを書いた紙を置いておく…

ちょっとずつ生活の細かいところで不便を感じている

たとえば「golang」が音声入力でうまく入力できない。「Koran」とか「ゴラム」などになる。これに限らずどうしても音声入力で入力できない単語がいくつかある。悔しい。みんなどうしてるの。日本語だとわりときちんと動作するので結局は発音ということかもし…

ソニックフロンティア for Xbox S/X

ということで買ってやってます。開発期間はめっちゃかかったんだろうな、という造り込みとセガっぽい雑さが同居していて安心感がある。広いステージと高速な移動とぐるぐる回るレール。あらゆるパーツは高品質なんだけど組み立てが荒々しいというか、無造作…

テーマを変えてみた

最近はPCで書くことが多く、ブログテーマが気になることがあったので変更してみた。うちの環境だと横スクロールがちょっとだけ出る。 macOS Monterey Chrome 107.0.5304.87(Official Build) (arm64) フォントサイズ中 スマホから見るとテーマが変わらな…

golangのメソッドセットは実体の型にくっついてる

まあそれはそう、という感じではあるけど頭から抜けていた。 package main type F interface { Apply() } type f1 struct { } type f2 struct { } func (f1) Apply() { println("call f1!!!") } func (f2) Apply() { println("call f2!!!") } func build(p i…

golangでメソッドには型パラメータは付与できないけどレシーバには付与できる

pythonのジェネレータ的な書き味をgolangで - 0xfを書いていて気がついたのだけど、 なんか勘違いしていて、メソッドは型パラメータ持てないよといったとき、レシーバも同様かと思い込んでいた。 type ReadOnlyChannel[T any] <-chan T func each(s, e int) …

pythonのジェネレータ的な書き味をgolangで

yield でシュッといけるわけではないのだが channel を返せばいいか? func each(s, e int) <-chan int { r := make(chan int) go func() { defer close(r) for i := s; i < e; i++ { r <- i } }() return r } func main() { for i := range each(10, 20) { f…

令和にソノラマ文庫をお薦めしてみる

ソノラマ文庫とは 2022年現在は存在しない、朝日ソノラマ社から刊行されていたライトノベルレーベルです。当時はライトノベルという言い方はなくて、なんだろう、若者向けエンタメ志向の小説、みたいな分類だったんだろうか。電撃文庫、角川スニーカー、富士…

映画「愛・おぼえていますか」

こないだマクロス2観てた流れで視聴。よかった。よかった以外の感想がない。 何度も見た作品ではあるが、最近自宅の視聴環境が強化されてシアター感出てきたので、見直したら楽しいんじゃないかと思ったわけです。相変わらず主人公だめなやつだが、いや、わ…

映画「ミッドナイト・ファミリー」

www.madegood.com 良かった。メキシコの医療事情がわからないし、あと家業として成立するのなどリアリティ感じるための材料を持っていないので、かぎりなくノンフィクション感を感じながら見てしまった。民間の救急隊が警察の無線を傍受するか、賄賂を渡して…

ダイナゼノン見た

これは順当に面白かった。 グリッドマンの続編。ストーリー的には独立しており、グリッドマンは未視聴でもいいが、「言葉足らず感」について納得しやすくなるのでグリッドマンを先に見ておく方がよいような気はする。後続の映画、グリッドマン・ユニバースの…

仮面ライダーBLACK SUN(ブラックサン)見た

面白かった。 www.kamen-rider-official.com プライムビデオで視聴。1話45分くらいで全10話。全話配信されていたので一気に見た。 これは週一配信だったりすると見なかっただろうな。よく見かける「一気に配信の是非」みたいなのは、結局一気に見る時間があ…

コロナワクチン接種日記

経歴はファイザー・ファイザー・モデルナ、そして今回ファイザー。 41歳男性。基礎疾患なし。 2022/10/27 9:00 左腕にワクチン接種。元気。 元気だが副反応で寝込むことを見越してペットボトルのお茶とか野菜ジュースとかレトルトのお粥とかカニかまぼことか…

golangで簡単なカリー化

ジェネリクスあるのでコネコネしてみた。 たとえば int 二つをとる関数のカリー化関数は個別には簡単に書ける func curry(f func(int, int) int, x int) func(int) int { return func(y int) int { return f(y, x) } } これを、ジェネリクスを使って func cu…

goの&と*がいつも混乱する

かんぜんに書き慣れてないからですね。今日はメソッド定義時のレシーバについてちょっと悩んでた。 type User struct { name string } func (u User) getName() string { return u.name } func Test() { fmt.Println(User{name: "Pop"}.getName()) } これは …

神林長平「絞首台の黙示録」

絞首台の黙示録 | 神林長平 |本 | 通販 | Amazon 自分にそっくりな人間が突然現れて、おまえはおれだ、と言い出したらどうすればいいだろう。しかもそいつは、ついさっき死刑になって死んだばかりだというのだ。という導入から「つまりどういうことだってば…

急に寒くなった

先週は朝に暖房をつけて、昼は冷房をつけるなど、体に悪そうな気候であったけど、今日は順当に寒くて昼になってもまだ寒い。秋から冬の気配がやってきている。 家の中では年中浴衣で過ごしているが、寒くなったのではんてんを出してきた。安く買った洗えるは…

ダイの大冒険が終わった

我が家はテレビがないのでAmazon Prime Videoで見ている。ということで週末配信されたので満を辞して最終話だった。大変よかった。ダイはストレートな少年漫画の主人公って感じでいいよな。そうそうこれだよ、という感じになる。 竜の騎士と大魔王の戦いは人…

戦争は女の顔をしていない3巻 スターリングラードの述懐をするおばさんの話は恐ろしい。石畳が血でぬめってあるけないとか大地で血と油が染み込んでない場所はないとか、言い回しがロシアっぽいけど、実際にそうだったのかはわからない。怖い。 表現の選び方…