0xf

日記だよ

映画「心惑いて行く先は」

見た。インドの映画だ。

ムンバイを舞台に、「終わらない口論を繰り返す恋人たち」とされている。とにかく人を馬鹿にしたような喋りを繰り返し、不誠実で意地悪な男と、結婚したがっててなんでこんな男と一緒にいるのかわからない女、ほんとにずっと見ている方が疲れる言い合いをひたすら繰り返している。そして、と。

うーむ。

俺は一体何を見ることになったのだ、と混乱している。あらゆる意味で謎である。気持ちのいい映画ではない。基本的にイライラする。こんなに共感できない映画は初めてである。恐怖と不快のみが理解できる。そういう気持ち悪さがある。

 

おっさんのケツのアップがいやだった。はい。

女性の肌が土に汚れたみたいな感じだったり、手のひらに模様が書いてあるのはなんだったんだろ。肩や頬に傷があったが、あれがなんなのかわからない。カーストが低い人だからってことなの?

 

Netflix映画、量産型の映画ばっかかなとイメージがあったので大きく覆った。実験的、というのだろうか。インド映画すげえな。最初と最後には歌が入ってダンスもありました。